引き寄せる人

薬剤師をしている私の友人は来年の1月から新しい職場に転職することになったんです。

彼女は私と同い年。2人目の子供の時短勤務期間が今年の4月に切れて、その後は職場に付記していたのですが、小さな処方箋薬局だったので急な休みをとることが難しく、例えば子供が登園許可が必要な水ぼうそうなどにかかってまとまって休む必要がある時などは、とても苦労したみたいなんです。

もちろんこのような悩みは、子供がいて仕事をしている女性であればだれもが抱くことだとは思うのですが、もう少し家事と育児と仕事を両立することができる環境があれば…と、ゴールデンウィーク明けくらいから転職サイトに登録したり、人材紹介会社のカウンセリンを受けたりしながら動いていたみたいなんです。

 

転職するのであれば、「どんな職場でもいい」というわけではなく、かなり細かく、厳しい条件を転職支援サイトやエージェントに伝えたみたいなんです。

当初、アラフォーということもあり、なかなかこの厳しい条件を全部クリアする求人はなかなか見つからないと言われたようです。実際、なかなか転職先は決まらなかったので、かなりの間我慢をしていましたね。

それでも、彼女の中で「それなりの規模の薬局」「勤務時間が長くない」職場という条件は絶対だったし、当時彼女はそれなりのポジションについていたので大幅な収入減は家計に響くため、ある程度の収入はキープしておきたかったようです。

転職活動中って、孤独だし不安も感じやすいですよね?特に彼女の場合は、なかなか好条件の求人が見つからなかったので途中でちょっと心が折れそうになった時期も正直あったんですって。「正社員じゃなくてパートにしたほうが良いのかな?」という感じで…

でも、子供たちの教育費や家のローンのことを考えるとやっぱり正社員が良かったんです。

 

登録して半年以上…11月になってようやく納得いく求人に出会ってからは、話はとんとん拍子で進み、あっという間に内定が出たんです!

「求人に出会うまでは本当に長くて苦しかったけど、諦めないで本当に良かった!ちゃんとイメージして、ココロから願っていればちゃんと引き寄せられるんだね~♪」と嬉しそうに連絡が来たときは、私もとっても嬉しかったです。

 

転職先は彼女の希望よりも少しだけ遠くなったようですが、車通勤が可能なので全く問題はなさそうです。

働いている人たちも、彼女と同じようにみんな子供がいるので、急な休みなどに対してとっても理解があるんですって!

「個人薬局なので昇給や昇格は見込めそうにないかな~!」と言っていましたが、今の叶序にとっては小さな子供と一緒にいる時間が何よりも大切みたいなので…

子供が成長して、状況が変わって、気持ちが変わったらまたその時に考えればいいよね?といって笑っていました。

彼女はいつも自分がどうしたいか、なにが大切なのかを正直に偽らずに実行していく人!だからどんなに難しいことでも本当に必要なもの、欲しいものをちゃんと引き寄せることができる人なんですよね。

だから、どんな未来も作っていける!そんな素敵な友達がいることをとっても誇りに思います。

私の友達が仕事探しをしている時にチェックしていたサイトを教えてもらったので…教務がある人は参考にどうぞ~♪⇒ 【神戸市】薬剤師の転職|好条件の求人を効率よく見つける方法!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です